税理士に相続税やB型肝炎給付金について相談【プロプロアドバイス】

増税の始まり

弁護士

旅行保険なら海外でもしもの時でも安心でしょう。加入したいと考えているならこちらのサイトから申し込むといいです。

B型肝炎給付金の手続き方法が知りたい方はこちらのサイトをご覧ください。役に立つ情報が掲載されていますよ。

相続税の増税について

平成27年1月1日より、相続税の増税が始まりました。具体的な内容ですが、まず相続税の最高税率が55%に引き上げられたことです。そして、基礎控除額が4割も引き下げられたことです。この影響で相続税のかかってくる人の割合が増えました。特に、都心部に住んでいる人の場合、今後相続税の申告をしなければいけないかもしれません。その理由は、都心部は地価が高いので、そこに土地と建物を所有している場合、基礎控除額を超えてしまう可能性があるからです。 ちなみに基礎控除額は、3000万円+600万×法定相続人の人数によって計算されます。法定相続人の人数によって、相続税のかかるかからないが決まる場合もあります。現代は核家族世帯が増えているので、まずます税金がかかる可能性が高まっているのです。

今後留意すべき点とはなにか

相続に関して困ったことがありましたら、税理士に相談するとよいでしょう。今はインターネットが発達していますので、簡単に税理士を見つけることができると思います。 また、注意すべき点を何点か挙げておきます。まず、どのような税理士に相談した方がいいのかについてですが、やはり相続に詳しい税理士の方がいいでしょう。税理士にもいろんな先生がいますので、税理士でしたら誰でもいいというわけではありません。そして、できることなら何人か税理士の先生に相談してみて、一番合う人を選んだほうがいいと思います。なぜかといいますと、特に遺産分割協議の場合は親族間でもめる場合が少なくはないからです。なので、相続について適切なアドバイスをして下さる税理士が必要不可欠なのです。 税金について詳しいだけでなく、人格もすばらしい税理士の先生を見つけることが大事なのです。

贈与の制度

お金

大きな金額の贈与をする場合、よく利用されるのが相続時精算課税制度です。この制度にも多くのメリットがありますが、その中の一つとして税率が上がらないということが挙げられています。

保険に加入する

握手

生命保険金に対して相続税が課される場合、非課税制度の適用を受けることができます。生命保険に加入すれば相続税の節税ができますが、その他にも負担額を減らすことができる工夫もいくつかあります。

制度の適用

裁判

配偶者の税額軽減制度を利用することによって一定の額になるまで相続税が発生しなくなります。小規模住宅などでもこうした優遇制度を受けることができるので、この制度を利用する人も多いです。

オススメリンク

  • 保険で節税対策.com

    税をきちんと払わなければ法律違反になってしまいます。保険で節税対策が行えるので企業運営をしている人はここを確認!